HILTON SENDAGI AIRPORT

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
インポートカーショー2006
ビックサイトで開催していたインポートカーショーにいってきた。
東京モーターショーとは違い、ドレスアップやアフターパーツの
イベントなので、モーターショーより興味がありで楽しみだった。

意外だったのは、ロータスのチューナーが結構目立った事。
もちろん、BMWやベンツはそりゃかなりの数のブースだったけど、
その中でエリーゼやエキシージのドレスアップカーが結構目立ってた。
これが良いのよね〜。エキシージ、まじ欲しい〜w

これはエリーゼかな。
でもでもエキシージの新車で600万オーバーか〜。ハイ、消えた〜!w
エンジントヨタだし信頼あるしさー、なによりスタイリングが凶暴。
こんなので我が家の路地に入った日にゃ〜、子供達のおもちゃだろうね。

現実的に考えて、ドレスアップもしやすいとなると、BMWのミニが
やはり良さそうかな、と再認識したり。ホイルと足回り交換は必修だよね。
特に今回は黒塗装のアルミが目立ってました。
フランス車は出展者ほぼ無し。206が1台だけ。ちょっとさみしーね。

同時開催で自宅ガレージフェアもやっていたのだが、これも案外
興味深いものだった。ってか普段あまりシャッターなんかまじまじ見ない
から、面白かったよ。おもしろシャッターも拝見!その名も
「フラットピット」っっw
どうっすかね〜、こりゃ。
| shintaro1969 | CAR | | comments(1) | trackbacks(2) |
オートバックスで見た素敵な車
アストンマーティンV12


シトロエンSM
| shintaro1969 | CAR | | comments(0) | trackbacks(0) |
首都高をオープンで(男と)
土曜、バンドのリハの帰りがけにメンバーが
新車を買ったというので、インプレッションを
兼ねて遠回りして送ってくれる事になった。

プジョー307CC。CCというのは307
シリーズ中のオープンモデル、すなわちオープンカー!
おフランス車でオープンカーとは超〜超!お洒落
じゃないですか〜。早速ワクワク気分で助手席に。
ボタン1つで「ウイーン」と解放した屋根は
ものの数秒でトランクへと吸い込まれた。


リアコンビネーションランプは今はやりのLEDランプ。


オープン野郎は冬でもオープンが基本ですよ。
ヒーター全開にすればたいして寒くありません。
レザーがふんだんに奢られたキャビンに身体を
滑り込ませると、レザーシート独特の硬く締まった
座り心地にしばし酔いしれる。エンジとブラック
に塗り分けられたツートーンのインテリアが
流石!エスプリが効いていてお洒落と言わざるを得ないな。
リアシートもしっかり備わっているので、エマージェンシー用
というよりしっかり乗車を考えて配置されている。
多少フロントシートを前に出せば足下もゆとりがある。

307シリーズの中でもこのCCはデザインも
他のハッチバックモデルとは違い全くの別物!かなり色気がある。
リア、フロント共に好みはあると思うがアクがあって
押しが強く、アイデンティティがあり良いと思う。
ちょっと腰高感があるので、前傾気味にロワード
してやると、本来のデザイン通りの前傾プロポーションを
獲得できるであろう。タイヤのインチアップも必修ですな。

流石に購入したての他人の新車に何かあってはいけないので
試乗は遠慮させてもらい、首都高のパーキング内でチョイ乗り
させてもらった。徐行に近いスピードなので(笑)なんとも
言えないがアクセルがかなり軽い。その反面ブレーキがかなり
手前の踏み込みで強力に効く感じ。ハンドルは速度で変化する
のだと思うが剛性感はあまりない。高速時には大分重たく
なるのだろう。大ぶりだな〜と思ったボディーサイズも実際
乗ってみると結構コンパクト。太めもハンドルもスポーティー
で良い感じです。弟分の206のCCと比較してみたいと思った。


自分も買い換えるとしたら今度はオープンカーが良いなと思っている。
しかも二人乗りで非日常的な車が良いな。ロータスエリーゼとか欲しいな。
車は移動手段とあまり考えたくないんだよね。遊びと趣味でいつまでも
乗っていたい。まあー今の家庭環境が変わらなければの話しですけど・・。

しかし日本って何でミニバンばかりなんでしょう。子供がいるから?
アウトドアが好きだから?荷物が好きだから?
| shintaro1969 | CAR | | comments(4) | trackbacks(0) |
ケルンオペル悪魔クラブ・・・(笑)
最近ちょっとくるまヲタな自分がちょっと顔を出して来てますが・・。
オペルの地元ドイツでかなり熱い!というか暑苦しいクラブ発見!
その名も「ケルンオペル悪魔クラブ」です。悪魔って・・プ(笑)

流石に悪魔だけあって新旧の猛烈なオペル車の目白押しです。
中でも最近日本でもすっかり見られなくなった、いすずジェミニ。
あちらでは「カデット」という名前でOEM生産されてた車。
ジェミニは実は過去に乗っていて、独特の乗り味、オペルとOEM
というだけあり、シートは純正でレカロ社。エアロパーツはオペル
純正チューナーの「イルムシャー」とかなりマニアな車だった。
どうやら僕のオペル好きはその頃から始まった様です。
もちろん、ジェミニのエンブレムを取っ払い「カデット」仕様に
してました(笑)見栄っ張りだったんですね〜。というかヲタクか。

中でもPF-50と呼ばれる型が大のお気に入りだった。学生の頃で
すでにネオヒストリックカーだったので、機械いじりが得意で無い
僕には到底かなわない個体だった。シンプルかつスポーティー
なスタイリングは今でも気になるけど、日本で見かける事は
殆ど無いと言っても過言ではない。

ところが現地では少数派ながらまだまだ現役!とばかり頑張っている
様子がこの、「悪魔クラブ」で確認できとてもファンとしては嬉しい!

特にこのオレンジのファーストバックが綺麗で良いな〜と。セクシーなヒップ!


ちょっと族車っぽいが(笑)これも良い。小径のタイヤに低い車高、これです!


どうです?オペルもなかなか良い車造ってたと思いません?
悪魔クラブ、日本支部ってないのかな〜(笑)

| shintaro1969 | CAR | | comments(0) | trackbacks(0) |
ユーロナンバー取り付け。
コーナーマーカーを交換するついでに、ユーロナンバーを
フロントに取り付けた。ユーロナンバーとはすなわち
EC諸国で使用されている車のナンバープレートの事。
日本なのにWHY?と思われますが、これもドレスアップの1つなんです。
つまり本国のナンバーを取り付ける事でより一層本場感を出す、と
いうテクニックなのです。ベスパとかにもナンバーステッカー貼ったり
するよね、あれの車版と思って頂ければ。

ナンバーはスーパーオートバックス東雲店で購入。¥3900くらい。
案外安く、ユーロでもドイツ、フランス、と種類も豊富。
当然オペルの故郷はドイツなので、ドイツバージョンを購入しました。
さ〜取り付け取り付け♪

まず、今取り付けられている日本ナンバーを外します。ボルト2本でとめられているだけなので簡単に外せます。


ナンバーを外すとナンバーステイが現れます。これも一旦外しちゃいます。結局これは外す必要が無かったのですが、構造が分かって良かったです。


外すとこうなります。これだけだとノッペリして物足りないですね。


電ドリ登場!です。日本のナンバーの穴に合わせてユーロナンバーに穴を2つ開けます。


ギュオオオ〜〜〜ン!!と一気にいきます。メチャ楽しい〜っす。


ユーロナンバーのみ仮りどめしてみました。本国ではこんな感じなのですな〜。やはりこの方が良いよね〜。ナンバーにも青色がワンポイントがあってお洒落!でもこのままでは走れませ〜ん。捕まります(笑)


ユーロナンバーの上に日本のナンバーを重ねて、まとめてボルトでナンバーステイに固定します。ボルトの長さが足りず、ドイトまでチャリで買いに行くハメに。(涙)
上に日本のナンバー付けたら意味ないや〜ん!ええ、そうなんです。ちらっと見える所にセンスを感じる、という完全に自己満足の世界だから気にしませんよ、ええ。

どうですかね〜?定番テクですが結構効果ありです。もっと早くやってりゃ良かった。ボルトを買いに行くロスタイムを除けば、とっても短時間でできたドレスアップでした。
| shintaro1969 | CAR | | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ